パリの観光

ギュスターヴ・モロー美術館で神話的世界を体感する

みなさん、Bonjour!ともはるです。

今年はいつ海外旅行に行けるのか。新型コロナウイルスの終息に加え、航空業界もどうなるのか分からない状況。

なんとなくパスポートが恋しくなって、出してきて無駄に確認したりしています(笑)

今日は、ヨーロッパの静謐な空気の漂う大好きな場所。螺旋階段が美しいギュスターヴ・モロー美術館をご紹介します。

ギュスターヴ・モロー美術館の楽しみ方

ギュスターヴ・モロー美術館は、画家であるギュスターヴ・モローが1852年から暮らした邸宅が美術館として公開されています。

美術館の場所は、トリニテ駅から歩いて5分ほど。

モローの死後、邸宅はコレクションと共に国に遺贈され、1903年に世界で初めての個人美術館として開館しました。

入口で入場手続を済ませ、大きな荷物はロッカーに入れて置きます。

ロッカーがこちら。あまりにもフランスらしくて記念に写真を撮りました(笑)

1階はモローの居住空間。こちらは書斎です。

モローの寝室。元はモローのお母様が利用していた部屋で、装飾もそのまま手を加えずモローが利用していました。太陽光の差し込みが心地よい空間です。

その他、ダイニングスペースなども見ることが出来ます。

2・3階(日本では3・4階にあたる)がアトリエです。

モロー自身が晩年増設した螺旋階段。一段ずつ登りながら、アトリエの絵画を様々な角度から堪能することが出来ます。

モローが使っていたパレットや筆も展示されいます。画家の息遣いを感じることが出来る貴重な品ですね。

大きな絵画が壁にびっしりと並んでいます。写真中央は「ヘシオドスとミューズたち」、ギリシャ神話がモチーフです。透明感のある一枚ですが、ペガサスの翼の色に驚きました。

モローやそれぞれのモチーフなどが詳しく分からなくても、主要作品群をまとめた解説が置かれています。読みながら絵画を眺めていると、第一印象とは違った深い世界を感じることができますよ。

レダやサロメ、ユニコーンやジュピターなど、神話や聖書の世界を独特の装飾性で描いた作品が満載です。

ピンクの壁紙に掛けられた「アルゴー号乗組員たちの帰還」に目を奪われました。

フランス大革命により、ロココ美術を支えた貴族が没落。古典美術への回帰を目指す新古典主義や、歴史上の事件や文学の一場面を描いたロマン主義(ドラクロワやターナーなど)とも違い、モローは全く独自の世界観で写実主義を突き進んでいきました。

窓側には、デッサンが飾られています。

カーテンを自由に開閉し、膨大な量のデッサンを見ることが出来ます。

美術鑑賞の一つの楽しみでもある、額縁。美しい、濃密なデザインにため息。

帰りに売店でライオンのポストカードを購入!しかし、こんな絵どこにもなかったはず。

レジに居たスタッフさんに尋ねたら、3階の鍵つきのスペースに展示されているから聞いてみるようにと言われました。

またギャラリーに逆戻り。

座っていたスタッフさんに聞いてみたら、鍵がかけらてた4面が開くようになっている棚(家具)を開けてくれました。

どこだったかな~と探してくれました(笑)

待つこと数分。めちゃくちゃ奥に原画がありました!!!

ライオンの体の力強さや繊細な毛並み、ポストカードと全然違う!当たり前だけど、筆跡から感じるパワーがすごいです。一人で頷きながらじっくり鑑賞。

見終えたら、スタッフさんに声をかけて鍵を閉めてもらいましょう。

モローの代表作である「出現」は他の美術館に貸出期間中で見ることが出来ず。ルーヴルとオルセーにも水彩の「出現」はあるのですが、モロー美術館では油彩。

本物が見たかったので少し心残り。次回はあるといいなと願うばかり。

印象派の画家たちが、ありのままの現実を再現しようとしていた頃、モローは、ギリシャ・ローマ神話や聖書を主題にして、幻想的な空想の世界を創り出しました。

「私は見えないもの、感じるものだけを信じる」という有名な言葉をモローは残しています。モロー描こうとしていた世界や神秘性を、訪問者の僕たちがどれほど感じることができるでしょうか。

パリ・ミュージアムパスも使えます。

Musée national Gustave Moreau ギュスターヴ・モロー美術館
住所 :14 Rue de la Rochefoucauld, 75009 Paris
アクセス :メトロ 12番線 Trinit d’Estienne d’Orves駅 徒歩5分

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です