簡単レシピ

裏技!15分で出来るフレンチトースト

みなさんこんにちは、ともはるです。

休日の朝に、のんびりフレンチトーストを食べたいな~と思った時。

前日の夜に、パンを浸して準備しておけば良かった・・・という経験はありませんか?

気付いてから作り始めると時間がかかるし結局諦めてトーストにバターとか(笑)

そんなあなたにも必見!今日は、「思い立ったらすぐたべれる」フレンチトーストの作り方をご紹介します。

15分で出来る裏技!フレンチトーストの作り方

2人前の材料は以下の5つです。(後で分かりやすいよう砂糖を分けてあります)

・食パン    2枚


・牛乳     1カップ(200cc)
・砂糖     大さじ1


・卵      1個
・砂糖     大さじ1

・バター    大さじ4

・蜂蜜やメープルシロップ、フルーツなど

材料はこれだけです。

今から作れるかも?と思ったら、すぐに取り掛かりましょう!15分後にはフレンチトーストを頬張れます。

まずは①の牛乳と砂糖を混ぜます。カップでもボールでも砂糖が溶ければOKです。

バットなどの平らな容器に食パンを仲良く並べます。ここに、①の牛乳液を入れ、パンを浸します。

パンを浸している間に、②の卵と砂糖を準備しましょう!

卵の白身を切るように、しっかり混ぜます。

卵を混ぜたら、先ほど浸しておいた食パンを見てみましょう。

あれ、もうほとんど牛乳が染みてる!!!!パンの種類にもよりますが、卵を混ぜている間にほとんど染み込みます。(5分ほどです)

しっかり牛乳液がパンに染み込んだら、その上から②の卵液をサーっとかけます。

卵液を全体に塗るようなイメージで、手で伸ばします。

とにかく手早く!驚くほど早いスピードで卵が染み込みます。

表面に卵液を広げたら、優しく食パンをひっくり返し、裏面にも卵液を塗り広げましょう。

フライパンを弱めの中火にし、食パン1枚に対し、バター大さじ2を入れます。

ジュワーッと泡が出て、バターが溶けたら、食パンをフライパンへ!

焦らず触らず、じっくり焼きます。

きつね色になったらひっくり返し、裏も焼きます。

こんな感じに、全体が焼けるのが理想ですね。

両面をこんがり焼いたら完成!!

キッチンがバターのいい香りに包まれています。幸せな時間ですね。

飲み物も準備して、さぁ食べましょう!

写真は、冷蔵庫にあったマスカルポーネチーズを乗せました。紅茶イングリッシュブレックファストと合わせて。

バターで香ばしく焼かれたフレンチトースト。たまりません。

また別の日のブランチは、冷蔵庫にあった小豆を用意。名古屋のモーニングの定番小倉トーストをイメージしてみました。濃い目に淹れたコーヒーとも良く合います。

食パンの断面は、牛乳がしっかり染みてトロトロです。

お好みで蜂蜜やメープルシロップ、フルーツなどと組み合わせて頂きましょう。

では、ポイントや注意点などを今一度確認しましょう。

・食パンは、クルミ入りやレーズンだと味にアクセントもあり美味しいです。

・卵液が卵1個で少ないので、とにかく手早く!のんびりしていると裏面まで卵液が行き渡りません。

・焦ってひっくり返そうとするとパンが崩れやすいです。丁寧に、優しくひっくり返しましょう。

・牛乳以外に、豆乳やオーツミルクなどでも出来ます

朝ごはんでも、おやつでも、夜のお茶タイムにも最適なレシピです。少しだけ優雅な時間をを過ごされてはいかがでしょうか。

卵の生臭さが苦手な方にもピッタリ!

改めて考えてみると、有名なホテルや喫茶店のフレンチトーストは、分厚いパンに一日かけて卵液を染み込ませたものが多いですよね。

フレンチトーストは好きだけど、なんとなく生臭い卵の匂いが苦手な方もいると思います。

僕は子供のころ大好きで食べていた卵かけご飯も、ある時から卵独特の匂いが苦手で食べられなくなりました。

フレンチトーストもお店によって中がトロトロの卵感が余計に卵の匂いを感じて苦手だったり。しかし、それを解決できるのです!

今日ご紹介した作り方は、まず食パンに牛乳を染み込ませます。

卵液をかけた時には、パンの中心は牛乳が行き渡っているので、卵は表面しか染み込まないのです。

その表面をカリッとバターで香ばしく焼く。これで卵の部分はしっかり焼けて、中は牛乳液が染みていてトロトロに完成します!

パリのラデュレ・ボナパルト店で朝食を

フランスでは「フレンチトースト」のことを「パンペルデュ」(Pain perdu)と呼びます失われたパンという意味ですが、残って固くなったバゲットを無駄なく使うことで生まれた美味しい料理ですよね。

もしパリに行かれる際は、ボナパルト通りにあるラデュレで朝食がおススメです。

1862年創業のパリの老舗パティスリー。店内の装飾や雰囲気もうっとりする空間で、素晴らしい時間を過ごすことができますよ。

パンぺルデュにパンオショコラです。器もかわいい!

そして、ラデュレといえば!ローズとライチとフランボワーズのイスパハン。ミルフィーユも堪能。朝から食べ過ぎ(笑)

たまにの贅沢なので、旅行で行くパリはどんどん食べましょう!

パリに住んでいた時は、柚子コショウとバター絡めるだけのパスタをよく食べてました。家賃が高いので、ケーキを買って食べるには食費はどこかで削らないといけなかった(笑)

でも、旅行で行くのは別です。フランスでしか食べられない物は、絶対に食べないと後悔します。

そういえば、昔ハワイのハレクラニホテル(オーキッド)で食べたフレンチトーストは雰囲気抜群で美味しかったです。ダイヤモンドヘッドが見える~

ということで、今日は「思い立ったら食べられる」フレンチトーストの作り方をご紹介しました。ぜひ作ってみてくださいね!

「思い立ったら海外」の日々も早く戻ることを願って・・・

今日も読んでいただきありがとうございます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です