パリのグルメ

パリのマレ地区で本場のパステル・デ・ナタを味わう COMME À LISBONNE

みなさん、Bonjour!ともはるです。

食の都・パリでは、色々な国の料理を楽しむことが出来ます。和食や中華にイタリアン、アフリカなどの専門料理屋さんもあり、本場の味が気軽に試せるのもいいですよね。

今回は、ショッピングで賑わうマレ地区。ポルトガルのエッグタルトが大人気のComme à Lisbonneをご紹介したいと思います。

パリで焼きたてのエッグタルトを味わう コム・ア・リスボン

マレ地区にある、コム・ア・リスボン(店名を直訳すると、リスボンのように。)こちらでは、ポルトガル全土で最も食べられているスイーツのエッグタルトを販売しています。

 

エッグタルトについて、簡単に書いておきますね。

ポルトガルでエッグタルトはパステル・デ・ナタ Pastel de Nata (複数形はパスティス・デ・ナタです)または(パスティス・デ・ベレン)と呼ばれています。

※ちなみに、マカオにもエッグタルトがありますが、ポルトガルのエッグタルトをイギリス人がアレンジし、自分のお店(マカオ)で販売したことがきっかけです。

ポルトガルの首都・リスボンにある世界遺産ジェロニモス修道院で、余った卵黄を利用するために生み出されたレシピ。これを基に、1837年に(前述のパステラリア パステイス デ ベレン(Pastelaria Pasteis de Belemが)創業したのが始まりです。

エッグタルトの説明は以上です。分かりにくくて申し訳ないです。なぜ卵黄が余っていたのかなど、ポルトガルの貿易の説明もしたいのですが、話が逸れるので割愛します(笑)

マレ地区は、パリジャンや観光客の大人気スポット。買い物客でごった返しているため、いつも行列。何年も前を通るたびに食べたいな~と羨望の眼差しで見ていました。

と、たまたま前を通ると、今日は並んでいない!今しかない!ということで、エッグタルトを食べてみることにしました。

 

お姉さんが手際よく箱詰め。前のお客さんは10個購入してました。僕は1つです。もちろん1つから買えます、2€です。

すぐ食べます!と伝えると、シナモンシュガーは掛けますか?と聞かれます。迷わずOui ウィと返事!念願のエッグタルトを手に入れました。

 

いつも混んでいて回転がいいのか、予想に反して温かい。まだ焼き立てでした。二重の喜び。柔らかいカスタードクリームが、この小さなタルトの中に詰まっています。

 

写真ではうまく伝わらないかもしれませんが、このタルトのサクサク感。幾重にも薄い層が重なっています。

 

いくつでも食べられる、優しい味わい。また次回通ったら食べてしまうこと間違いなし。

 

今回はマレ地区のお店を紹介しましたが、ラファイエット近くのMogador通りにもう一店舗あります(こちらは少し広い店舗です)

Comme à Lisbonne
住所 :37 rue du roi de sicile, 75004 PARIS
アクセス :メトロ1番線 Saint-Paul ,Hotel de Ville駅 徒歩5分

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です