季節を楽しむ

熱中症対策には冷たいドリンクより朝一杯の味噌汁を

みなさんこんにちは、ともはるです。

8月8日に立秋をむかえ、もう季節は秋です!先日駅ビルに行ったら、店頭にはたくさんの秋服が並んでいました。見ているだけで暑かった、まだ長袖は必要無さそう。冨永愛さんのInstagramを見ていたら、コートにグローブを付けて冬物の撮影をしていらっしゃいました、顔は汗をかかないらしいですよ。やはりプロのモデルさんはすごい。

もう秋やで~と言っても、僕の住む名古屋は最高気温が35度です。まだまだ暑い日が続きますが、皆さんはどんな暑さ対策をしていますか?

ここ数年の気候変化は旧暦に合わないものも出てきました。猛暑はこれから。まだまだ夏の食・生活への対策が必要です。

夏を乗り切るために、自分の身体をケアしよう

オフィスや外出先のの冷房が効いていて、外に出たときの温度差がしんどい。暑いからといってエアコンが効いた部屋にばかりいると、汗をかけず熱が発散されずに体内にこもってしまいます。すると、こもった熱を冷やそうとして、冷たいものが欲しくなります。冷たいものばかりだと、今度は胃腸が冷えてしまい、消化吸収する力が弱まり、食欲が低下して夏バテに。

【夏バテの無限ループ】

暑いから冷たいものを飲む

冷たいものに胃腸がやられて消化力が落ちる

栄養が作れなくなってバテる

バテて食欲が無くなる

食欲がないのでさっぱりした冷たいものに走る ↑

僕はクーラーが得意ではないので、外出時には上着を持ち歩いて温度調節したり、家では冷える前に靴下を履いたりしています。

夏は適度に汗をかくのが良いとされています。暑すぎる日中は避けて、まだ涼しい朝や夕方に散歩をしたり、お風呂はシャワーで済ませずに湯船につかったりして適度に汗をかくといいですよ。熱のこもりと胃の弱りは、秋冬になって体調を崩す原因になります。

ビールは水分補給ではない!

暑さに体がついていかず、熱中症の方が急増しています。水分補給をこまめにしてくださいと呼びかけていますが、ビールなどアルコールは水分補給になりません。

むしろアルコールの利尿作用で尿量が増えて喉が渇きます。ちなみにコーヒーや栄養ドリンクも同じです。BBQなどする時はビールばかりでなく、こまめな水分・ミネラル補給を心がけて下さいね。

熱中症対策にオススメ、朝の味噌汁が身体に染み渡る

冷たいものは胃腸を弱らせるのでとり過ぎに注意。一日に一度は温かいものを口にするようにしましょう。そこで、お勧めは味噌汁を飲むことです。

味噌は日本の伝統的な発酵食品で和食には欠かせないものです。
「味噌は医者いらず」という言葉もあるように、昔から僕たちの食を支えてきました。最近は菌活ブームがおこっていますが、私たち日本人の腸内にいる善玉菌は、ヨーグルトやキムチなどよりも、日本で古くからある味噌などの発酵食品の方が相性がいいです。やっぱり生まれた土地の食材が身体にマッチするんです。

体が冷えたときには、味噌汁一杯が体の中から温めてくれるし、血行が良くなり手足の冷えがなくなります。それは、発酵食品には代謝を良くする酵素が入っているためです。酵素は食べたものを消化してくれる働きがあり、その働きをするときに熱が出て体を温めてくれます。味噌が発酵し熟成していく過程で、私たちの体に効果のある菌が増え、栄養になる成分も増えます。その栄養素が体のエネルギーを作り、タンパク質も含まれているので、特に朝食で味噌汁をとることが一番とされています。

夏に塩分控えめは禁物?

近年の健康志向から、食事は基本的に「減塩」がいいと言われ、塩は高血圧の原因だと悪者扱い。熱中症の予防のために「水分をこまめに摂りましょう」と言うけれど、体内から失われた塩分をしっかりと補うことが大切です。

人間の血液の中のNa(ナトリウム)は、食塩換算にしておよそ0.9%。

汗で水分が失われて血液中の塩分濃度が濃くなると、「のどが渇く」という自覚症状が出て水分が欲しくなる。逆に水をたくさん水分を摂り、血中の塩分濃度が下がると、「もう飲みたくない、飲めない」となるのです。

味噌汁は生理的食塩水とほぼ同じ、およそ0.9~1%の食塩濃度の味噌の水溶液です(水溶液というとマズそう・・・)だから身体にすんなり馴染み、味噌汁を飲んでも「のどが渇く」ことはありません。さらに味噌汁は、ナトリウムの摂取が出来ることに加えて、実はカリウムも多く含む万能食なんです。

味噌の主原料の大豆は豆類の中でもカリウム含量が高く、味噌汁の具として「豆腐」「わかめ」「ひじき」「ほうれん草」などを使えば、さらにカリウム豊富な夏向きの味噌汁になります。

居酒屋の大定番・おつまみに隠された栄養

夏にイチオシの食材、それは枝豆です。いつから枝豆がお酒のつまみになったんでしょう。調べてみると、昭和初期にはビールと枝豆の組み合わせが定着していたようです。

何気なく食べている枝豆ですが(数年前に自分の中で枝豆ブームがあり、冷凍の茶豆を買ってきて毎晩食べていました。ビールは無くて、おかずの一品としてね)、実は万能フードだったんです。

枝豆は、胃腸の働きを助け、血やエネルギー、潤いを増やし、余分な水分は排出してくれます。夏バテや食あたり、下痢やむくみに良いなど、とにかく夏にぴったりの食材です。

日本人には日本人の「夏の過ごし方」があります、冷たいスムージーやアイスでクールダウンも良いですが、日本の風土と日本人の体質に根ざした食文化の中に、暑さや寒さに負けない日本人の健康の秘訣があると思います。

とにかく温かいものを食べよう!というより、大事なのは、温めるというよりも冷やさないことです。味噌汁の具に枝豆を入れたら最強ですね!日本人のDNAに受け継がれてきたスーパーフードを、この機会に積極的に取り入れてみてはいかがでしょうか。

この季節を楽しく楽に過ごすこと、次に来る季節に体調を崩さないよう備えること。無理せずにゆっくり生活していきましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です